川口市 トラスト・アイ総合探偵事務所「浮気に関する豆知識」

夫のW不倫が発覚。再構築するために必要な心構え

W不倫をした夫との再構築には、心構えや注意点について知っておきましょう。W不倫後の関係の再構築は今までのような夫婦関係に戻るのではなく、新たな夫婦関係を築きあげなければなりません。過去の夫婦関係をまっさらにし、2人で新しい夫婦関係を再構築すします。再構築には夫と妻の協力が必要不可欠なのです。夫婦関係の再構築まで、簡単な道のりではありません。お互い支え合い、乗り越えなければならないのです。

新たに再構築する前に、夫と愛人の関係は清算済みでしょうか。再発防止や信用担保のため、夫にはけじめをつけてもらうことをおすすめします。専門家への相談を前向きに検討し、慰謝料の請求もしくは誓約書への署名をしてもらいましょう。愛人との関係を切ってけじめをつけてもらい、初めて夫婦揃って再構築へ歩みを進められます。

夫が開きなおっていたり、反省している様子がなかったりする場合は様子を見ましょう。時間が経ち愛人への想いが薄れる頃、あなたの存在がいかに大きいか気づきます。

 

〇再構築のために必要な心構え

・再構築には年月がかかる

再構築にはあなたが考えている以上に長い年月がかかります。とにかく焦りは禁物です。夫のW不倫をどうにか水に流せたとしても、不安や不信感はつきまとうでしょう。長い間、自分の心の葛藤と向き合わなければならないのです。精神的に辛い日々が続きますが、夫婦関係の再構築を望むのならば、どうにか乗り越えていきましょう。

 

・妻の歩みよる姿勢も大切

再構築には妻から歩みよることも大切です。「被害者の私がどうして」と腑に落ちない気持ちもわかります。しかし、再構築は夫婦2人で助け合わなければ、同じ方向へ歩めないのです。始めのうちは難しくとも、お互い歩みより支え合って夫婦関係を再構築していきましょう。

 

・我慢せずに思いをぶつける

思っていること、考えていることは素直に夫へぶつけましょう。我慢は心にも身体にも毒です。男性は女性の気持ちを汲み取るのが下手なため、言わなければなにも伝わりません。はっきりと思いを言葉にして伝えましょう。言葉ですぐに思いを表現することが難しい場合、ノートなどに書いて気持ちを整理することをおすすめします。

 

〇再構築に向け気をつけること

・過去を掘り返して責め立てない

W不倫について思いだすことがあったとしても、掘り返して責めないようにしましょう。また、なにかと夫のW不倫を引き合いに出すことも避けましょう。夫のW不倫を許せなくても大丈夫です。許せないと夫にはっきり伝えても大丈夫。ただ、再構築は過去を捨て新たな夫婦関係を築くもの。過去を掘り起こして責めるのは、再構築に向け歩みよろうとしている夫へ水を差すことになります。気をつけるようにしましょう。

 

・感情的になりすぎない

思いをぶつけることと、責め立てることは違います。ただ、夫のW不倫で傷つき、情緒不安定になっていると感情をコントロールすることは難しいでしょう。感情のコントロールとまでいかなくとも、自分の感情を見つめる冷静さを持てるように心がけましょう。感情の波がどうして大きく動いたのか、ぶつけるべき相手は本当に夫なのか。自分の感情を冷静に見つめてこそ、正しい答えが導きだせます。

 

〇再構築のための知識を共有しましょう

夫のW不倫後の再構築には夫婦の歩みよりが必要です。再構築に必要な心構えや注意点に気をつけ、新たな夫婦関係を築きあげましょう。再構築に関わる知識は夫婦で共有することをおすすめします。お互いの共通認識を増やしていくことで、再構築していく際に夫婦のすれ違いを減らせるでしょう。積極的に話し合いの場を設け、お互いの気持ちを理解していきましょう。

 

浮気調査のトータルサポート

調査項目

Contents


cookieについて

探偵業登録 埼玉県公安委員会 第43150035号
運営管理:トラスト・アイ総合探偵事務所川口市相談窓口

Copyright © 2018 女性専門の探偵事務所川口市 トラスト・アイ総合探偵事務所 All rights reserved.