川口市 トラスト・アイ総合探偵事務所「浮気に関する豆知識」

結婚10年目に結婚当初の不倫が発覚!時間を遡って訴える事って可能?

不倫が発覚するきっかけは探偵の調査ばかりではありません。

中には妻自らが夫の不貞行為の動かぬ証拠を見つけ出す事もあります。

(この時は、パソコンのデータを整理中に写真フォルダの中から不倫相手とのお泊まりデート写真を発見。撮影日時のデータから不倫と特定。夫もあっさり自白。)

 

例えそれが10年前の昔話であっても不倫は不倫。

配偶者を裏切り不貞行為を行なっていた(さらにそれを隠し通していた)責任は免れません。

 

不倫には時効がありますが、成立要件は以下の2点。

  • ■配偶者の不貞行為および浮気・不倫相手を知った時から3年間
  • ■不倫関係が始まったときから20年間

 

この場合「10年前」の不貞行為を「今知った」ため、時効は成立しないので訴えることは可能です。

また、過去の不倫問題で大きな壁になる「物的証拠」も既に手元にあるため、妻の訴えが認められる見込みは十分にあります。

 

ところが、ここで一つの問題が発生しました。

夫が「当時の不倫相手とは既に音信不通で、どこで何をしているのかわからない」というもの。

確かに、10年前の昔話の上、既に縁が切れているのであれば不倫相手の女性に対しての責任追及はしない…という選択もあります。

しかし、夫の不誠実な態度に加え、問題の相手が「妻も知っている人物」だったため、夫への責任追及だけでは気持ちが収まりません。

依頼者(妻)と夫は職場結婚、不倫相手は当時の部下。

いわゆる職場不倫の関係で、不貞行為は妻の妊娠中に行われていました。

 

そこで依頼者は「人探し調査」を依頼。

10年前の不倫相手を見つけ出し、謝罪を求める事を希望していました。

「離婚や慰謝料に関しては相手の出方次第で決めたい」との事で、まずは気持ちの整理をつけたい…というのが本音だったのでしょう。

この調査は夫も協力(せざる得ない)もあり、比較的スムーズに進みました。

 

既に会社は退職した後に地元に戻ったところまでは夫の供述でわかっていましたが、その後は全く不明。

この場合、職場関係者への聞き込み調査が最も効果的ですが、依頼者と夫のプライバシーに配慮すると正面から聞き出すわけにはいきません。

 

そこで、第三者として別件を装い調査を開始。

ここでは不倫相手の詳しい足取りは掴めませんでしたが、退職後に引っ越しをしていた地方都市を絞り込む事ができました。

 

その後、独自のデータベースを元に引越し先の地方都市での所在調査を行います。

女性の場合は当時と苗字が変わっている事も珍しくないため、事前準備をせずにいきなり現地に赴いても時間の浪費に繋がります。

準備が整い、ある程度の地域や行動パターンが絞れた段階で現地に出向き、それから地道に聞き込み調査を開始。

 

すると、思ったより早く探していた当時の不倫相手を発見することに成功しました。

退職後に地元に帰り結婚をしていたため苗字も雰囲気も変わり、当時の写真と比べると別人の様でした。

 

調査対象の所在を押さえた所で請け負っていた依頼は終了でしたが、依頼者から「過去の不倫の件で話がしたい」と伝えて欲しい旨も頼まれていたので、伝言の内容を簡単に伝えておきました。

 

その時の反応は「何を今更?」という表情もしていましたが、不倫関係があった時期に依頼者が妊娠をしていた事を知っていて、その罪悪感も多少は感じていたのでしょう。

割と素直にこちらの要求に応じてくれ、後日、話し合いの場を設ける事になりました。

 

この場合、依頼者は「時効が成立していない」「物的証拠を持っている」「夫も不倫の事実を認めている」ため、裁判をする必要もなく有利に話を進められる状況でした。

しかし、依頼者が出した結論は

  • ■夫と離婚も慰謝料の請求もしない代わりに、不倫の事実を認めた誓約書の提出を求める。
  • ■不倫相手への慰謝料請求はしない代わりに、夫と会わない誓約書の提出を求める。
  • ■万一、双方ともに再び不倫をする事があれば、この件を公にして慰謝料請求を行う。

 

というものでした。

結果的に、夫と不倫相手に執行猶予を与えた形で決着。

砕けた言い方をすると「次は無いぞ!」と釘を刺した形です。

 

これがベストの形だったのかどうかはわかりませんが、依頼者としては希望していた謝罪を双方から貰えた事で納得した様子。

なんにせよ、10年前の不倫相手を見つけ出す事に成功し、問題が解決した事でこちらも一安心しました。

 

浮気調査のトータルサポート

調査項目

Contents


cookieについて

探偵業登録 埼玉県公安委員会 第43150035号
運営管理:トラスト・アイ総合探偵事務所川口市相談窓口

Copyright © 2018 女性専門の探偵事務所川口市 トラスト・アイ総合探偵事務所 All rights reserved.